地域福祉実践計画

1.「地域福祉実践計画」とは

地域福祉実践計画とは第3・4期地域福祉実践計画」は、社会福祉協議会が「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体(社会福祉法第109条)」としての役割と社会的責任 を果たすために、どのような福祉のまちづくりを目指しているのかを、地域住民の皆さんに明らかにする計画です。

2.計画策定の経緯

幕別町社会福祉協議会では、「第1期地域福祉実践計画(昭和60年度~平成元年度)」及び「第2期地域福祉実践計画(平成5年度~平成14年度)」のもと、地域福祉活動を推進してきましたが、その後約10年間は、忠類村社会福祉協議会との合併協議など諸般の事情により、計画を策定しないままとなっていました。

この間、平成23年3月には、町において「幕別町地域福祉計画(平成22年度~平成26年度)」が策定されたことから、同計画を実行するための社協の行動計画として、平成24年5月に「第3・4期地域福祉実践計画」を策定しました。

さらに、幕別町が平成27年から平成31年度を計画期間とする「第2期幕別町地域福祉計画」を策定したことに伴い、同計画と整合性を図るために「第4章 実施計画」について必要な見直し・追加を行いました。第3・4期地域福祉実践計画(改訂版)

3.計画の期間

計画の期間計画の実施期間は、平成24年度から平成28年度の5年間です。
ただし、期間の途中であっても、幕別町が作成する「幕別町地域福祉計画」との整合性と、社会情勢の変化や進捗状況等に応じて、必要な見直しを行っていきます。
※平成27年に第4章の見直しを行い、計画期間を平成31年度まで延長しました。

4.基本目標と基本計画

◆基本目標~『ともに支えあう、安心・安全・福祉のまちづくり』
◆スローガン~「地域に理解される社協づくりを目指して」

  • 基本計画1:地域の課題を発見・共有し、解決するための仕組みづくり
  • 基本計画2:住民一人ひとりの生活課題を受け止め、解決していくための仕組みづくり
  • 基本計画3:地域づくりを主体的に担う人づくり
  • 基本計画4:課題に柔軟に対応し、解決していくための組織づくり

→ 第3・4期地域福祉実践計画はこちらから

→ 第3・4期地域福祉実践計画(改訂版)はこちらから

→ 第3・4期地域福祉実践計画(概要版)はこちらから

このページのトップへ